< 前ページ ホーム 次ページ >

カビグロスサンダーゲンガー⇔対面厨パ

2017年03月20日 22:06

個々のスペックが高いポケモンばかりであり、同じ並びであっても型を変えることで全く異なった構築となるという共通点もある構築。
各パーツにもそれぞれ共通点があると考えている。

・カビゴン⇔ガルーラ
143.png115-m.png
トップメタ。入れない理由がない。パワーが高いだけでなく、型の多様性が極めて高く、多少メタられたくらいではそのメタをメタり返して生き残る。

・メタグロス⇔ガブリアス
376.png445.png
トップメタに対して強め。技範囲が広く、崩しの役割が期待できる。火力だけでなく耐性耐久も優秀。

・サンダー⇔スイクン
145.png245.png
攻守にバランスの取れた種族値、タイプを持つ。メジャーな物理相手に繰り出し、流せる性能を持つ。瞑想/金属音や身代わりを絡めて崩しに行くことも可能。

・ゲンガー⇔ボルトロス
094.png642.png
高速から状態異常を撒くことで、多くの相手を弱体化させることができる。攻撃範囲も広く、削りをしたり最後に掃除したりといった仕事も可能。型も豊富。

考察 コメント: 0 トラックバック: 0

05ダブルキャラランク

2016年11月15日 22:10

S:適当に採用しても強い
376.png380.png381.png143.png128.png145.png
メタグロス ラティアス ラティオス カビゴン ケンタロス サンダー

A+:安定した活躍が期待される
130.png105.png121.png169.png243.png
ギャラドス ガラガラ スターミー クロバット (ライコウ)

A-:A+より若干ではあるが安定感に欠ける
214.png378.png094.png059.png
ヘラクロス レジアイス ゲンガー ウインディ

B:やや限定的な役割ではあるが、仕事はしっかりこなしてくれる
356.png260.png373.png272.png230.png
サマヨール ラグラージ ボーマンダ ルンパッパ キングドラ

C:何をさせたいのかしっかり考えた上で採用したい
ドーブル ダーテング サンダース ナッシー ハピナス
サーナイト ケッキング ミロカロス (スイクン) レジロック

D:限定的な構築で輝く
ケッキング ヌケニン キュウコン

続きを読む >

考察 コメント: 0 トラックバック: 0

早いポケモンの守るはつよい

2016年11月12日 12:42

ダブルバトルにおける守るという技はどのような場面で使われるのか?
最も基本的なのは、「守るを使ったターンの次のターンで縛り関係が変化するような場面」であろう。

〇遅いポケモンの守る
ラティアス@眼鏡
メタグロス@ラム
vs
カビゴン@残飯
ウインディ@オボン

メタグロスはウインディに縛られているが、カビゴンと撃ち合う役割を持ってほしいので失いたくない。ラティアスの攻撃2発でウインディは倒せるので、メタグロスが守りながらラティアスでウインディを殴ることで、次のターンはメタグロスを動かすことができる。

〇早いポケモンの守る
ニョロトノ@オボン
キングドラ@珠 濁流ハイドロ龍波動守る
vs
ラティアス@眼鏡
メタグロス@ラム

キングドラでラティアスを殴りに行きたいが、珠龍波動は耐えられる可能性がある。そこで、キングドラが一旦守ってニョロトノでラティアスを削り、次のターンキングドラでラティアスを縛りに行ける。

〇結局何が言いたいんだ
上の2つの例に共通しているのは、「守っている間に横のポケモンが削りを行ったことで縛り関係が変化した」ということである。他にも、守りながら横が交代することで、これまた縛り関係を逆転させることもできる。
遅いポケモンに比べて早いポケモンの守るが優れているのは、横に削ってもらった後で自身が縛ることができるようになるという点である。縛ることで自身の身を守る、「攻撃は最大の防御」を体現している。
シングルとダブルの違いの1つは、「上から叩く」ことと「耐えて反撃する」ことの違いが、自身だけでなく隣のポケモンにも影響するということ。


【参考】
【ポケモン】守るという技の意味
「縛り関係を変化させる」というのを「アドバンテージ」と言い換えることで簡潔にまとめた記事ですね。

考察 コメント: 0 トラックバック: 0

04ダブルキャラランク

2016年09月25日 21:42

S:腐りにくくあらゆる盤面で仕事をこなせる
381.png380.png
ラティオス ラティアス

A+:積極的に構築に採用したい
382.png145.png383.png128.png272.png
カイオーガ サンダー グラードン ケンタロス ルンパッパ

A-:立ち回りの軸に据えられる
376.png378.png275.png
メタグロス レジアイス ダーテング

B:やや安定感に欠けるが、それなりに仕事はこなすことが期待できる
ゲンガー ナッシー ハリーセン ヘラクロス テッカニン ヌケニン ミロカロス

C+:採用してもそこまで足を引っ張りにくい
ピクシー ラプラス クロバット ワタッコ キングドラ ハピナス ジュカイン ボーマンダ

C-:採用しようと思えば採用できる
アズマオウ スターミー ギャラドス カビゴン ヌオー ヤドキング ドーブル

D:ワンチャンはある
ゴルダック マルマイン トゲチック ムウマ

(Aランクまでは左の方が高評価。B以下は図鑑番号順。)

続きを読む >

考察 コメント: 0 トラックバック: 0

第3世代ダブル(2005年公式ルール)考察

2016年03月05日 00:00

3世代ダブルモチベが上昇しているので、今回は05ルールについて少し。

続きを読む >

考察 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前ページ ホーム 次ページ >

プロフィール

1192

Author:1192
ゲー研(TGA)所属。最近はトリプル、GBAシングルを中心にプレイしてます。色んなルールをやってる総合勢です。

コメント等残していただけると喜びます
twitter:at1192

ユーザータグ

GBAシングル 金銀 XYトリプル 

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR